VTS WebTeach

VIRTUAL TRAINING SERVICE - WEB TEACHING PORTAL

ウェブ・教育・ポータル VitraServ.com へようこそ。このページは学問的な用途での使用でのみに使えます。もしあなたが私たちの目的・ビジョン・行動原理に賛同いただけましたら、さらに読み進めてください。

 

太極拳

 

 

 

護身術

 

抜筋骨と気功

 

 

推手

 

 

 

太極拳護身術運動

抜筋骨 (ばっきんこつ)

 

太極拳の基本は、体の力を抜くこと。そのため、レッスンは抜筋骨という独自の準備体操からスタート。腕を大きく揺らしたりしながら、普段、意識はしていないけれど、筋肉や関節にかかっている無駄な力を抜いていく。

 

 

推手(すいしゅ)

 

太極拳の組み手です。ふたりで右の手と足を前に出し、組んで行います。二人でやる練習の時は、一人でやっている感覚を持って相手の動きを手足で感じて下さい。特に上体から力を抜き、手と腕は媒体だと思って動かします。

<ポイント>

• 肩肘から力を抜き、沈肩墜肘を守る。

• 相手がいるからといって身体のバランスが崩れないように、立身中正を絶えず守る。

正中線を軸とし、手は軽いイメージを持って回旋させます。腰から上体をひねらないように。

護身術

太極拳は本来、武術でありますから、その動作が正しくなければ護身の術としても役に立ちません。ある程度、動作を覚えましたら、互いに組んで使用法を練習します。これも決してハードな練習ではなく、攻める方もゆっくり行います。実際に組んで技を使ってみることは楽しいもので、皆さん、楽しくやっているようです。

正宗太極拳 (せいそう)

99の型から成る太極拳ですが、初めの14の型が基本の動作です。

太極拳は動きが少ないので、健康法としての効果を望むのであれば、焦らず根気よく1つひとつの動作の意味を理解してゆくことが大切になります。

<ポイント>

足の裏をしっかり感じて下さい。

• 手は腰の動きに合わせて動かします(腰が重要です!)。

• 動きながら自然な呼吸をしてください。

• 意識と動作を一致させて、ゆっくり動きましょう。

• 足→腰→手という順番で勁力(けいりょく)が伝わります。

• 確認しながら動きましょう。

 

: 地曳寛子, DVDで太極拳 1回わずか10分, 出版社名: 山と溪谷社2005