VTS WebTeach

VIRTUAL TRAINING SERVICE - WEB TEACHING PORTAL

ウェブ・教育・ポータル VitraServ.com へようこそ。このページは学問的な用途での使用でのみに使えます。もしあなたが私たちの目的・ビジョン・行動原理に賛同いただけましたら、さらに読み進めてください。

バスケットボール ディフェンス

ディフェンスは守りのスキルとしてバスケットボールでは必須になります。
ですのでバスケットボールの練習をする場合も、攻撃面だけでなく守備面(ディフェンス)もしっかりと上達しておくことが大切です。ディフェンスでまず基本となるのは「姿勢」です。様々な動きに対応出来るディフェンスの姿勢を身に付けましょう。バスケットボール上達練習法の無料レッスンバスケットボールでのディフェンスの基本姿勢は、上体を起こし目線を相手に合わせたフォームです。
そして、片方の手を上げて相手のパスやシュートに対応します。もう片方の手は下げて相手のカットインやバウンドパスを阻止します。
さらに、相手の動きに対し即座に対応出来るよう、肩幅程度に足を開いて重心を落とし半身の状態で相手と対峙することがディフェンスの基本の姿勢です。
しかしながら、あまりにも半身の状態になってしまうと、逆に相手の視界が広がり自由に動ける環境を与えてしまいますので注意しましょう。
また、あまり前方に重心をかけすぎる姿勢だと、意表をつく相手の動きに翻弄されやすくなってしまいます。
さらに、目線も足元に向いてしまうため、相手の動きをしっかりとつかむことが困難になるのです。


マンツーマン

ディフェンス

バスケットボールでは守備を行うエリアによって、コート全域で守備を行うときはオールコートマンツーマン、コートの自軍側半分でのみ守備を行うときはハーフコートマンツーマン、その中間であるコートの3/4で守備を行うときは3/4コートマンツーマンなどと呼ばれる。また、1人の選手に対して2人のマークをつけることをダブルチーム、3人のマークをつけることをトリプルチームという。これは相手チームに1人だけ飛びぬけて優れた選手がいるときなどに使われるが、ボールホルダー(ボールを持っている選手)に対してダブルチームをして積極的にボールを奪おうとすることもある。 マンツーマンディフェンス中にディフェンスをする相手を変えることをスイッチと呼ぶ。

ドライブインに対するディフェンス

スタンス
ポイント・スタンスは、オフェンスがドライブインをするために、ボールを腰よりも下げたときに行うスタンスです。身体はゴールラインに対して正対した状態をとります。掌を相手に見せるようにして両手を横に広げ、ドライブインに対していつでも反応できるようにします。

 

ディフェンシブ・

ステップ

フォワード・ステップ・アンド・スライド(スライド・ステップ)は、最も基本的なディフェンシブ・ステップで、すべてのプレイヤーが習得すべきステップです。

クロス・ステップは、相手に抜かれそうな瞬間、大きなパスに対するディフェンス・ポジションの移動時、スピードドリブルをするプレイヤーに。

ランニング・ステップは、ディフェンスへのトランジション、クローズアウト、ヘルプディフェンスなどで、速く移動しなければならないときに用いるステップです。

スイング・ステップは、ライブボールの状態からウィークサイドにドライブインされたときや、ドリブル中に進行方向が右から左、あるいは左から右へとドリブル・チェンジされたときに用いるステップです。

スクリーン

ディフェンスにとって守るのが最も難しいものの1つは、スクリーンプレイである。しかし、ディフェンスが適切なプレイを選択することによって十分に対処することが可能である。スクリーンプレイに対するディフェンスとしては、次の4つがある。

•ファイト・オーバー・トップ・スクリーン
•スライディング・スルー・ザ・スクリーン
•スイッチング(アップ)・ザ・ディフェンス
•ショウ・ディフェンス(フェイクスイッチング・ザ・ディフェンス)

リバウンド

リバウンドのスキルについて、ここで整理しますと、
1.リバウンドでは身長の高い・低いよりも「スクリーンアウト能力」が大切
2.リバウンドには、「ディフェンスリバウンド」と「オフェンスリバウンド」の2種類がある となります。

バスケットボールのリバウンドでボールを奪い合う場合、・ジャンプ力 と ・タイミング が非常に重要となります。

 

バスケット内容

ウェブ-テスト

春学期 テスト 10.07. - 22.07.
秋学期 テスト 12.12. - 24.12.

bask test

テスト結果

春学期   以下から 01.08.
秋学期   以下から 10.01.

basket result