VTS WebTeach

VIRTUAL TRAINING SERVICE - WEB TEACHING PORTAL

ウェブ・教育・ポータル VitraServ.com へようこそ。このページは学問的な用途での使用でのみに使えます。もしあなたが私たちの目的・ビジョン・行動原理に賛同いただけましたら、さらに読み進めてください。

バスケットボール 入門

このページでは、簡潔にバスケットボールの紹介をしています。一般的なバスケットボール用語が説明され、アルファベット順に並べられています。興味のあるバスケットボール用語をご覧ください。

 

バスケットボール辞書

アウト・オブ・バウンズ

ボールがエンドまだはサイドのライン上、もしくはコート外の床に落ちることや、コートの外にいるプレーヤーがボールに触れた場合、ボールがバックボードの裏や支柱に当たった場合などを言います。

アシスト

パスが直接得点に結びつくことを言います。ただし、パスを受けたプレーヤーがドリブルで相手を抜いてからシュートをした場合はアシストとは言いません

イリーガル・ドリブル

ダブルドリブルやオーバー・ドリブルなどに課されるバイオレーションのことです。

インターセプト

相手チームのドリブルやパスを奪って(カットして)、自チームのボールにすることです。

インターフェア

シュートされたボールがリングの上にある時に、リング/ネット/バックボードに触れた場合に課せられるバイオレーションのことです。ネットの下から手を突っ込んでボールに触れた場合なども含まれます。

オーバー・タイム

時間制限に関するバイオレーションのことです。3秒ルール/5秒ルール/8秒ルール/24秒ルールがあります。

オフェンス・ファウル

攻めている側のプレーヤーが犯すファウルのことを言います。

キッキング

ボールに足が触れた場合のバイオレーションです。わざと蹴ったりした場合はもちろんですが、わざとじゃない場合でも、ボールが足に当たったプレーヤー側に結果として優位に働けばキッキングになります。わざとじゃなく、有利にならない場合にはなりません。

ジャンプシュート

止まったままだったり、走り込んだりせず、ジャンプして放つシュートを言います。守る側のプレーヤーに邪魔されないよう、後ろに下がるように飛びながら放つジャンプシュートはフェイダウェイ・ジャンプシュートと言います。

ジャンプボール

第1ピリオドのスタート方法です。センターorフリースローのサークルで、両チームのプレーヤー1人ずつが審判の投げ上げるボールをジャンプして取り合います。

スクリーン

攻める側のプレーヤーが、守っている側のプレーヤーに対して自らの体を壁のようにして、相手プレーヤーの動きを封じることを言います。一度スクリーンをかければスクリーンを解くまで動いてはいけません。正しくないスクリーンにはイリーガル・スクリーンが課せられます。

スティール

相手チームのボールを奪い取り(カット)、自チームのボールにすることを言います。

スローイン

ゲームをリスタートする方法の1つで、コート外からボールを投げ入れることを言います。

ゾーンディフェンス

守り方のフォーメーションの1つで、自身のポジションを決めて守ります。

ダブルドリブル

1人のプレーヤーが、一度ドリブルをやめた後にまたドリブルを始めることを言い、バイオレーションが課せられます

ダブルファウル

両チームのプレーヤーが、ほぼ同時にパーソナル・ファウルを犯した状態を言い、それぞれにパーソナル・ファウルが課せられます

チャージング

攻めている側のプレーヤーが、守っている側のプレーヤーに対して強引に押したり当たったりするパーソナル・ファウルのことを言います。

テクニカル・ファウル

ルールやフェアプレーの精神に背く行為に対して課せられるファウルです。審判の判定に対する講義や、度を超したヤジ、怒りにまかせてボールや器具などを蹴ったりする行為なども、このファウルの対象となります。

デッド

タイムアウトの最中など、プレーが休止して時計が止まっている状態のことを言います。

トラベリング

ボールを持ったプレーヤーが、ドリブルをせずに3歩以上歩いたり、ターンの最中に軸足がズレるなどした場合に課されるバイオレーションのことを言います。

ドリブル

ボールをコートにつきながら保持することを言います。

バイオレーション

ファウル以外のルール違反を総称して言います。

パッシング

個人の能力を活かし、ドリブル中心に個の力で攻めるのではなく、プレーヤー全員が動き回り、パスを繋いで組織力を武器に攻める方法を言います。 細かくパスを繋ぎ、こう動けばここにパスを出す、など、チームとしての決まり事をしっかりプレーヤー全員が理解しておく必要があります。また、各場面での的確な判断力や、プレーヤー全員の平均的な得点能力が求められます。

バックコート

センターラインからみて、自チームが守るバスケットのある方のコート反面分を言います。

バックコート・バイオレーション

攻めている側のチームが、一度フロントコートに入ってから、バックコートにパスやドリブルでボールを戻すことを言います。一度フロントコートまでボールを運び込んだら、ボールはバックコートに戻せません。

ピボット

ボールを持ったプレーヤーが、軸足をズラさず、もう片方の足を動かして体の方向を変えることを言います。軸足がズレてしまうとトラベリングになります。

フィールド・ゴール

フリースロー以外のゴールを総称してこう言います。

フェイント

相手プレーヤーをだますプレーのことで、シュートをするふりをしてドリブルで抜くことや、ドリブルで抜くと見せかけてシュートすることを言います。ボールを持っていなくても、パスがくると見せかけて手を挙げることや、進行方向と違う方向にわざと目線を配らすことなどもフェイクになります。

プッシング

相手のプレーヤーがボールを持っているかどうかに関わらず、手で相手プレーヤーを押しのけることを指すパーソナル・ファウルです。

フリースロー

相手チームがファウルを犯した場合などに与えられるシュートチャンスのことを言います。フリースローラインの外側から、守る側のプレーヤーに邪魔されることなくシュートがうてます。うてるシュート数は、場合により1本/2本/3本と異なります。

ブロッキング

相手プレーヤーがボールを持っているかどうかに関わらず、体を使って相手プレーヤーの進行の邪魔をするファウルのことを言います。

フロントコート

センターラインからみて、自チームが攻めこむ方のコート反面分を言います。

ホールディング

相手プレーヤーがボールを持っているかどうかに関わらず、押さえつけたり掴んだりして相手プレーヤーの動きを邪魔するファウルのことを言います。

マンツーマンディフェンス

守り方のフォーメーションの1つで、各人がマークする相手を決めて守ります。

マッチアップ

同じポジション、もしくはマークする相手プレーヤーと対峙することを言います。

ミスマッチ

マッチアップした際に、プレーヤー同士の身長差があり、攻めたり守ったりする際に優劣の差がある状態を言います。身長ではなく、スピードやテクニックなどによる差はミスマッチと言いません。

 

 

バスケット内容

ウェブ-テスト

春学期 テスト 10.07. - 22.07.
秋学期 テスト 12.12. - 24.12.

bask test

テスト結果

春学期   以下から 01.08.
秋学期   以下から 10.01.

basket result