VTS WebTeach

VIRTUAL TRAINING SERVICE - WEB TEACHING PORTAL

ウェブ・教育・ポータル VitraServ.com へようこそ。このページは学問的な用途での使用でのみに使えます。もしあなたが私たちの目的・ビジョン・行動原理に賛同いただけましたら、さらに読み進めてください。

バスケットボール ドリブル

ドリブルの重要技術として、相手を抜くことの他に、相手にボールを取られないという事があります。全員がしっかりみにつけておかなければいけない技術です。
ディフェンスに近づいたら、自分の体を、ボールと相手の間に入れます。相手に対して後ろ向きになります。完全に後ろ向きになると、後ろ(進行方向)が見えにくいので、少し体をひねって、斜め後ろ向きになる感じになります。相手がボールを取りに来たら、
<1>後ろ回りドリブルか、後ろ通しドリブルをして、相手を抜きます。
<2>チャージングにならない程度に、相手に体をぶつけるようにして、相手にカットされないようにします。

目的、技法による分類

  • クロスオーバー:ドリブルしている左右の手を入れ替える。
  • チェンジオブペース:ドリブルや移動の速度(ペース)を一定にせず、緩急を付けること。
  • ターンムーブ(スピンムーブ):ターンすること。
  • ロッカーモーション:ディフェンスを前後に揺さぶり、間合いを詰めてきたところを抜き去るドリブル
  • パワードリブル:ボールを保持している状態で、ボールを両手で強くフロアーに投げつけて開始するドリブル。ペイントエリア内の密集地帯で、ドリブルで移動したい場合などに使用する。


ドリブル ドリブルの正しいフォームとは、体の横側でボールをつくことです。
またボールをつく際には、あなたが右利きだったなら、右手と左足を前に出し、左手で相手選手をブロックするようにします。あなたが左利きだったなら、左手と右足を前に出し、右手で相手をブロックします。
1.体の横側でドリブルする
2.利き手と逆の足を前に出す
3.利き手とは逆の手で相手をブロック
ドリブルチエンジ バスケットボールで、1on1に強くなるためには、ドリブルの練習をするしかありません。 そして、そのドリブルのときにチェンジオブペースができると、とてもドリブルがうまくできるようになります。 チェンジオブペースとは、ドリブルのリズムやスピードに緩急をつけてドリブルをするということです。 デイフエンスに進路を遮断されたときなどに、ドリブルする手を右から左,左から右ヘとかえるテク二ックである。ボ―ルを見ないでもチエンジできるようにしよう。 (フ口ントチエンジ, パックタ―ン) フ口ントチエンジ
ピポット ピポットとは、軸足を中心にしてタ一ンをする足の踏みかえ動作のことである。デイフエンスのプレッシヤ―からボ―ルを守ったり、フエイント、ステップインシヨットなどの技術につなカtる基本動作であり、フ口ントタ―ンとバツクタ―ンとがある。 タ一ンするときは、軸足のひざを曲げ,親指のつげ根を中心にして下半身を安定させると,速いタ―ンをしてもバランスがくすれない。
レッグスルー・クロスオーバードリブル ・フロントチェンジのようなタイミングで、横に切り返すと、足の踏み込みとタイミングがずれてうまくディフェンスを抜けないことが多いです。ボールが足を通過した瞬間に抜きにかかるかもしくはチェンジオブペースでレッグスルー後に一呼吸おいて加速するのも効果的です。
・頭が左右に傾かないようにします。  
・加速できるように、ひざをまげた状態でおこないます。  
・あまり左右に移動せず、進行方向に加速するパターンと、レッグスルーしながら左右にスキップするようなステップとがあります。

 

バスケット内容

ウェブ-テスト

春学期 テスト 10.07. - 22.07.
秋学期 テスト 12.12. - 24.12.

bask test

テスト結果

春学期   以下から 01.08.
秋学期   以下から 10.01.

basket result