VTS WebTeach

VIRTUAL TRAINING SERVICE - WEB TEACHING PORTAL

ウェブ・教育・ポータル VitraServ.com へようこそ。このページは学問的な用途での使用でのみに使えます。もしあなたが私たちの目的・ビジョン・行動原理に賛同いただけましたら、さらに読み進めてください。

バスケットボール ルール I

バスケットボールの競技時間

通常の競技時間は10分のクォーター(ピリオドとも言います)を4回行います。中学生の場合は10分ではなく、8分のクォーターを4回行います。各クォーターの間には、それぞれ数分間のインターバル、もしくはハーフタイムが設けられています。 もし第4クォーターが終了しても両チームの得点が同じ場合は、1回5分(中学生は3分)の延長戦を行います。この延長戦も同点で終えた場合は、2分間のインターバルをおいて、再延長戦を行います。これでも同点の場合は再々延長戦と、決着がつくまで延長戦は繰り返されます。

 
バスケットボールの新ルール [2010]
 

新ルールである「Official Basketball Rules 2010」の変更概要は、大きく5つあります。

1、制限区域の変更
制限区域の形が台形から長方形になります。
バスケットからフリースローラインまでの距離とフリースローライン自体の長さに変更はありません。

2、スリーポイントラインの変更
スリーポイントラインがバスケットの中心から50cm延長され、以前の6.25mから6.75mに変更となります。

3、スローインサイドラインの新設
スローインサイドラインとは、オフィシャルズテーブルの反対側エンドラインの内側縁から8.325mのところにコートの外側に向かって引かれる短いラインです。このスローインサイドラインの位置は、新スリーポイントラインの頂点の位置と一致します。
スローインサイドラインは、第4ピリオドか延長時限の最後の2分間にタイムアウトが認められ、タイムアウトを認められたチームのバックコートから、スローインのボールが与えられてゲームが再開される場合にこの位置からスローインされます。

4、ノーチャージセミサークルの新設
ノーチャージセミサークルはバスケットの真下を中心とする円周の内側が半径1.25mの半円です。その中に立っているディフェンスにオフェンスが接触しても、オフェンスにはチャージングのパーソナルファウルが科せられることはないエリアとなります。

5、24秒ルールの変更
オフェンスがフロントコートでスローインのボールが与えられる場合、24秒計は以下のようにリセットされます。
a:残り時間が14秒以上であったときは、残りの時間を継続。
b:残り時間が13秒以下であったときは、14秒にリセット。

バイオレーション

アウトオブ
バウンズ

ボールをコートの外に出した

バックパス

フロントコートにいるプレイヤーがバックコートに返した。
バックパスである:
フロントコートにいる味方からのパスを、バックコートでジャンプして、空中でキャッチしフロントコートに降りた。
センターラインをまたいでドリブルした。ボールだけバックコートというのもバックパス。バックパスでない:
バックコ-トからドリブルしてセンターラインをまたいで止まった。
バックコ-トからのパスを、バックコート側からジャンプしてセンターラインをまたいで止まった。
フロントコートでミスをして、ボールがバックコートにころがった=>ディフェンス側は追っかけてボールを取ってもかまわない。
フロントコートでディフェンスにさわられて、ボールがバックコートにころがり、オフェンス側が、ボールを取った(最後にさわったのがオフェンスでなければ、バックパスでない)。

キックボール

ボールを故意に蹴った、ボールを拳でたたいた。(わざとでなければ、キックボールではない。そのままプレーを続けてよろしい。ただし、本当にボールを意識してボカッと蹴ったら、それは、テクニカルファウル、または退場)

ダブルドリブル

ドリブルを一度止めて、他の選手がボールにふれずに又ドリブルした。
両手でボールをついた。
ただし、以下のようなにはドリブルとみなさないので、ダブルドリブルにならない:
パスがきてキャッチミスをした=>つかみ直してドリブルしてよい。ただし、キャッチミスしたあと1個ドリブルしてつかんだあとは、もうドリブルできない。
ドリブルの終わりでキャッチミスをした=>もう1度つかみなおしてよい、ただしドリブルはできない。
パスカットしたり、相手の持っているボールを叩き落したり、リバウンドでふれたボールが床に落ちた後ボールを保持した=>ドリブルできる

トラベリング

ボールを持って3歩以上進んだ、ピボットをしている時に軸足が動いた。
トラベリングでない:
ピボットのあと軸足をあげ、パス又はシュートをした。(間違う審判がよくいる)
トラベリングである:
ピボットのあと軸足をあげたあと、ドリブルをした。(ミニバス経験者でもよくある)

 

バスケット内容

ウェブ-テスト

春学期 テスト 10.07. - 22.07.
秋学期 テスト 12.12. - 24.12.

bask test

テスト結果

春学期   以下から 01.08.
秋学期   以下から 10.01.

basket result