VTS WebTeach

VIRTUAL TRAINING SERVICE - WEB TEACHING PORTAL

ウェブ・教育・ポータル VitraServ.com へようこそ。このページは学問的な用途での使用でのみに使えます。もしあなたが私たちの目的・ビジョン・行動原理に賛同いただけましたら、さらに読み進めてください。

VitraServ - Sports Training へようこそ

image

このウェブサイトの内容は、Dr. habil ハラルド・ポルスター博士が一橋大学[運動文化]で教えるために使われます。 このサイトを発表するために、数人の学生が協力をしてくれました。

謝辞

本講義を開講するにあたり以下の2人に感謝の意を表します。

高橋日出二さんは長年にわたり通訳として私を支えてくれました。彼は日本にドイツのトレーニング科学を伝える非常に優れた人物です。ライプチヒスポーツ科学交流協会 KOLESPO の創設者兼事務局長として彼はドイツ同様、日本でも毎年、免許講習を実施しています。

役に立つ提案、訂正またはコメントがございましたら、気兼ねなくお申し付けください。

教育ガイドライン

image

私の教育の詳細なガイドラインは、一橋大学のシラバスのページに掲載されています。 私の教育の中心的な考えは、以下の通りです:

  1. 授業の出席率はもちろん、さらには積極的な参加および貢献を重視します。
  2. スポーツ技術のレベルの心配は無用です。このクラスには学びに積極的な姿勢の生徒が集まることでしょう。
  3. 本授業においては、複数の言語(日本語、英語、ドイツ語)コミュニケーションアプローチを取り入れています。
  4. 授業へ遅刻・欠席の際は正直に話してください。相談に応じてさまざまな救済措置を用意できます。
  5. スポーツをすることは、単に体を動かすことのみを意味するのではありません。スポーツを通して、あなたは意欲を掻き立てられ、ポジティブな気持ちになることでしょう。

テーマ及びスケジュール

2019-09-16 オリエンテーション – 導入 講義
2019-09-23 スポーツでのトレーニングの基礎 – トレーニングの種類と方法 講義
2019-09-30 運動能力を見分ける – 身体的、精神的、心的 実践
2019-10-07 精神・身体トレーニングへの導入 – 能力または技術トレーニング? 講義
2019-10-14 コーディネーション運動 – ルールと原則 実践
2019-10-21 コーディネーショントレーニング – 起源、システムと方法 講義
2019-11-04 パフォーマンス分析とトレーニング計画において必須な単位 講義
2019-11-11 運動能力を試す 実践
2019-11-18 モーターオントジェネシス – 生まれてから老いるまでの過程での動作、身体の発展の特徴 講義
2019-11-25 より幼い段階での動作教育 – 幼稚園と学校でのトレーニング 講義
2019-12-02 感覚と動作のトレーニング – 体の認識と重心の安定化 講義と実践
2019-12-09 メンタルトレーニング方法 – 集中、観察と緩和 講義と実践
2019-12-16 スポーツのリスクトレーニング – 動作運動を使用した感情の制御 講義
2020-01-06 試験とウェブ知識テスト  

   

アンケートとテストのスケジュール

  エントリーアンケート 09.16.-09.25.2019 下のリンクを使用してください。
       
  オンライン知識テスト 01.06.2020 下のリンクを使用してください。
       
  期末タスク 09.16.-12.16.2019 テンプレートのダウンロードが必要です。

最大20人の受講生が、期末タスクを選択できます。次のリンクを使用してエントリー登録してください:期末タスク

登録は1111日までにおこなってください。

登録学生数:1 / 20

 

     テストの結果は、テスト期間の最終日の後約 1 週間オンライン チェックすることができます。

 

先生プロフィール

大学経歴

-1993 ライプヒチスポーツ大学
1993- 東京一橋大学
1998-2001 東京順天堂大学
2005- 東京工芸大学
2015- 東京武蔵野美術大学
2016- 東洋大学東京

  

コーチング経験

1997-1998 長野オリンピック・日本チームリュージュコーチ
1999-2012

全日本リュージュチームコーチ (JOC)

1999-2002 いすゞ自動車バスケットボール部メンタルコーチ
1985- コーディネーション トレーニング
 

そ の 他

国籍:  ドイツ

外国語: 英語、日本語

太極拳
指圧

 

グループのメンバー

期末試験の割り当て